So-net無料ブログ作成

[マギーの長期投資戦略] SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)の一時売却 [マギーの長期投資戦略]

こんにちは。長期投資インストラクターのマギーです。

前回に引き続き、「マギーの長期投資戦略」についてです。
ここでは、私が実践している投資を開示、解説を加えていきます。
少しでも皆さんの参考になればと思います。
あくまで参考であって将来の収益を保証するものではありません。
投資の判断はご自身で行ってください。

前回、私の投資スタンスと投資先についてお話ししました。
http://instructor-maggy.blog.so-net.ne.jp/2016-05-24

私の投資先は、下記の通りでした。
【2016年4月時点】
・セゾン投信 資産形成の達人ファンド (アクティブファンド)
・ひふみ投信 ひふみプラス (アクティブファンド)
・SBI証券 SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6) (インデックスファンド)

【2016年5月時点】
・セゾン投信 資産形成の達人ファンド 2万円/月
・ひふみ投信 ひふみプラス(NISA口座)1万円/月
(株式比率:100%)

上記は、4月時点での投資先ですが、少し変更がありました。
上記のうち、「ひふみプラス」と「スゴ6」を一時全部売却しました。
収益が悪かったわけではありません。4月まで課税される口座で積み立てていたのですが、
NISA口座での積立に変更することにしました。

NISA口座は、長期的な投資において、良い点と悪い点があり使用することを迷っていました。しかし、色々と調査し考えた結果、使用することにしました。
その考えについては、別途考えを提示できたらと思います。

Sponsored Link





今回は、私が所有していた間のスゴ6のパフォーマンスについて解説します。

一言でいうと、安定的に資産が増加していました。

図1をご覧ください。
横軸に積立期間(積立日)、縦軸に資産額を示しています。青色のグラフが投資元本です。
オレンジ色のグラフが損益額です。オレンジ色のグラフが青色グラフの上に乗っていれば、「利益」です。オレンジ色のグラフが青色グラフの下であれば「損失」を示します。

少し見えづらいですが、マイナスになった日は2014年2月4日の一日のみでした。
その他はすべてプラスで、安定的に資産が増加していました。

図1
図1-2.jpg

もう少し具体的な数値で見ていきましょう。
表1をご覧ください。
積立期間は、34カ月間でした。積立元本305,368円(368円は分配金の再投資分)に対して、25,123円の利益が出ました。
トータルリターンは、25,123円/305,368円x100(%)=8.2%でした。
年リターンに換算すると、2.9%でした。
通常預金金利が0.1%/年ほどでしたので、約29倍のリターンで運用できたことに
なります。

小さい額だなと思われる方もいるかもしれませんが、ファンドを選んで積立投資を
設定するだけで、これだけのパフォーマンスを出せれば十分であると考えています。
継続して積立していればよりパフォーマンスも上がる可能性があります。

表1
41-表1.png

積立投資と一括投資の比較

長期的な投資では、将来、値上がり値下がりするのを予測できないため、
積立投資(ドルコスト平均法)の方が良いと言われています。
もしも、私が積み立てを開始した日(2013年9月)に、
スゴ6に同じ投資金額で一括投資をしていたらどうなったかについても考えてみました。
表2にシミュレーション結果を記載しました。
一括投資のトータルリターンは、73,941円/305,368円x100(%)=24.2%でした。
一括投資の年リターンに換算すると、8.5%でした。
積立投資の年リターンは2.9%でしたので、約2.9倍のリターンでした。
通常預金に比べると、なんと85倍のリターンです。

表2に積立期間のスゴ6の基準価額の推移を記載しました。
横軸に積立期間(積立日)、縦軸に基準価額を示しています。
見てのとおり、スゴ6の基準価額は緩やかな右肩上がりでしたので、
当然のことながら、一括投資していた方が、パフォーマンスが高くなるわけです。
ただし、これはあくまで結果論ですので、あまり気にしなくてよいと思います。
ご自身ができる範囲で、ご自身のために少しずつでも継続して積立投資をしていくことが
大切です。

表2
41-表2.png

図2
図2.jpg

積立投資と一括投資について学習したい方は、下記の記事をご覧ください。
http://instructor-maggy.blog.so-net.ne.jp/2015-09-02

もう一つ情報を追加します。
私が積み立てていた期間の純資産総額を見てみると、次の通りでした。
 2013年9月・・・69億円
 2014年9月・・・108億円
 2015年9月・・・184億円
 2016年4月・・・218億円
1年で40億円から80億円も増えていますね。
ファンドの選択理由のところでも記載しましたが、ファンドの純資産残高(純資産総額)が安定的に増えていることも重要です。
現状のまま増えていけば、スゴ6を積立投資しても問題ないと個人的に考えています。

純資産総額について学習したい方は、下記の記事をご覧ください。
http://instructor-maggy.blog.so-net.ne.jp/2015-10-27

次回は、ひふみプラスの一時売却についての解析についてお知らせします。

Sponsored Link





<参考資料>
グラフの元データ
41-表3.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。