So-net無料ブログ作成

[マギーの長期投資戦略]イギリスのEU離脱!その時の長期投資戦略は?ひふみプラスを買い増し! [マギーの長期投資戦略]

こんにちは。長期投資インストラクターのマギーです。

本日は、「イギリスのEU離脱が決定した今、その時の長期投資戦略は?」をお伝えします。
結論から言うと、私は6/24(金)に「ひふみプラス」のスポット購入を行いました。

6/24(金)にイギリスのEU離脱が決定しましたね。
市場では安全資金と言われている「円」に資金が流れ込み、
日経平均株価が-1286円と-7.92%も下落しました。

「こんなに下落してやっぱり投資ってコワいな、止めようかな?」と
不安に思う方もいるかもしれません。

長期的な積立投資をしていれば、大丈夫です!
参考までにこのような下落局面で、私がどのように対応したかについて記載しています。

Sponsored Link





もう一度言いますが、長期的な積立投資をしている方は、全く焦る必要はないと思います。
むしろ、たくさん口数が買えてラッキーと思っても良いくらいです。

私は、下記の2つの積立投資を実施しています。
・セゾン投信 資産形成の達人ファンド 2万円/月
・ひふみ投信 ひふみプラス(NISA口座)1万円/月

詳しくご覧になりたい方は、下記の記事をご覧ください。
http://instructor-maggy.blog.so-net.ne.jp/2016-05-24

私が、この下落時に取った対応としては、投資先が日本である「ひふみプラス」の
スポット購入(金額購入)をしました。

いつ買い増しをしたらいい?とよく質問を受けます。
これについて考えていきましょう。

図1にひふみプラスの基準価額の推移(2015年6月~現在)を記載しました。
横軸は日付、縦軸は基準価額(円)を示しています。

注目していたのは次のデータの部分です。
2015/8/11・・・28,114円
⇒2015/9/8・・・23,724円 (直近の高い基準価額から16%下落

2015/12/3・・・27,976円
⇒2016/2/16・・・23,726円 (直近の高い基準価額から15%下落

2016/6/8・・・27,748円
⇒2016/6/24・・・24,505円 (直近の高い基準価額から12%下落

45-図1.jpg
図1:ひふみプラスの基準価額の推移

この直近の高い基準価額から10%以上下落しているポイントは、
マギー的には買い増しポイントであると思っています。

もっとも下がったところなんで、誰もわからないので、
ご自身が、「結構下がったな」と思ったら買い増せばよいのです。

買い増しの仕方としては、複数回に分けてスポット購入すればよいと思っています。
下落局面をピンポイントで狙いを定められないので、少し面倒ですが
この方法が有効であると考えています。

例えば、3万円の余裕資金があるのであれば、
 1日目・・・1万円(下落開始)
 2日目・・・1万円
 3日目・・・1万円
といった感じです。

こうすれば、1日目で下がりきったところで注文できなくても、
2日目、3日目でも注文されているので、今までの購入ポイントよりは
下落の局面で購入することができるのです。

いかかでしたでしょうか。
長期的な投資を始めている方は、下落しているときは楽観的に、
「たくさんの口数が買えてラッキー」と思っていましょう。
もし余力があれば、買い増しも検討してみてはいかがでしょうか。

6/24(金)NY市場の大幅な下落の影響を受け、6/27(月)の日本市場もさらなる影響を
受ける可能性もあります。
私は、その時にもチャンスとみて買い増しする予定です。

では、次回もよろしくお願いします。

Sponsored Link




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。